体外受精をする

妊娠を喜ぶ夫婦

体外受精とは不妊治療の中でも、特に高度な技術を必要とする治療方法です。体外受精の方法は、まず妊娠率を上げるために排卵誘発剤を投与することで卵巣を刺激します。次に卵巣内で一度に複数の卵子を成熟させてから、成熟後の卵子を卵巣から取り出して体外で精子と受精させます。それから細胞分裂した受精卵を子宮に移すことで妊娠をさせるというものです。体外受精は不妊治療でも最終的手段と位置付けられています。ちなみに体外受精による不妊治療を適応するのは精子や卵管に異常がある人や、免疫性の不妊症の人、原因不明でなかなか妊娠できない人などです。また子宮筋腫や子宮内膜症などの疾患のある人で、妊娠を望む人に対しても体外受精の治療を行う場合があります。

ところで体外受精を行う場合に従来の顕微授精の方法では、卵子の膜を破るためにかなりの吸引圧を加える必要がありました。ところが膜の弱い卵子の場合、吸引圧のショックで死んでしまうこともあったので、体外受精の成功率が低くなる危険性がありました。そこで卵子を吸引力でショック死させないようにする、卵子にやさしい顕微授精の方法が開発されました。この方法とはマイクロコンピュータを使用して、微細な振動を卵子に与えることで膜を破るといった方法です。この最新の技術はピエゾICSIと呼ばれる方法で、最近ではこの技術を導入して体外受精を行う医療施設が増えてきています。この方法が開発されたことにより卵子に与えるストレスが格段に軽減され、正常受精率もかなり上昇してきているのです。