種類別の内容

エコー検査を受ける女性

不妊とは結婚して2年間通常の夫婦生活を過ごしても、妊娠に至らない場合と言われています。 不妊治療は産婦人科もしくは専門のクリニックに通院して行います。 何に原因があるのかを検査した後に、タイミング療法から始まり、人工受精、体外受精、顕微授精とステップアップしていくのが一般的です。 体外受精や顕微授精までステップアップすると、治療費はかなりの高額になります。 通院頻度もこれまでとは違ってかなり頻繁になるので、会社やパートナーの理解が必要不可欠です。 また不妊治療は妊娠に至るまで続いていくもの。もしなかなか妊娠できなかった場合、費用はかさむし肉体的にも精神的にも辛くなる時もあるでしょう。 一時的に治療を休むか、治療のゴールをあらかじめパートナーと話し合っておくことが重要です。

女性が妊娠しやすいのは35歳までと一般的には言われていますが、近年女性の社会進出が進み、結婚年齢と共に第一子の出産年齢も高齢化しています。 そのためどうしても子供が授かりにくく、不妊治療を必要とする方が増えています。 また晩婚化が進んでいるのは男性も同じです。 女性と同様男性の精子も加齢とともに妊娠しにくくなるという説が、近年有力視されています。 ですので不妊治療は現代の社会構造が抱える問題点と言えるでしょう。 不妊治療に対する認知度や理解はまだまだ低く、特に男性不妊に関しては言葉すら認知されていないのが現状です。 治療に対する理解のある社会こそ、治療を受ける方が住みやすい社会となり、ひいては少子化対策にもつながるのではないでしょうか。