体外受精をする

妊娠を喜ぶ夫婦

体外受精とはその名の通り体外で受精を行い、再度戻すという不妊治療の1つで高度な技術を要します。そのため出来る人とできない人が存在し、また技術開発が常に進んでいる最先端の分野です。

Read more »

近年の不妊治療

手術する医師

近代の晩婚化から妊娠を望めないことが多くなっているため不妊治療をする人が多くいます。現代の生活習慣にも不妊に関係することが把握され、生活習慣の改善も治療に要します。

Read more »


摂取すべき

出産を喜ぶ家族

妊娠中には、バランスのよい食事を取ることが重要になります。妊婦が摂取すべき栄養素として、葉酸を上げることができます。葉酸は、ビタミンBの一種で妊娠前から摂取することが良いと言われています。

Read more »

種類別の内容

エコー検査を受ける女性

不妊治療は、結構治療に種類があります。その中から、自分の体に合った治療内容で行なったほうが体に負担がかからないので、これからのことを考えて知っておくといいでしょう。

Read more »


病院選びとその後

診察器具が並ぶ診察室

不妊治療をする上で、最初にどこの病院で治療を受けるか迷われるのではないでしょうか。私も、大阪で不妊治療を6年受け、体外受精で子供を授かりました。 病院には、それぞれ特徴があります。例えば、体外受精を受ける場合、採卵するに当たり、自然周期で1個採卵する病院があれば、ホルモン剤を使用して沢山採取する病院があります。また、採卵した後の培養液を、独自に研究している病院もあります。原因が女性だけでない場合、男性不妊の治療も行える施設もあります。 どこの病院が良いかは、個人に合う合わないがあるので、一概には言えません。大阪で体外受精ができる病院は沢山あるので、それぞれの特徴を知った上で受診されることをお薦めします。

体外受精を受けるとなると、通院も頻回になります。私も、仕事をしていたため、職場から近い大阪の病院に通っていました。 予約を取っていても、診察は遅れることが多い為、病院の5分前呼び出しシステムを利用して昼休みに受診していました。職場から近かった為、職場の人に知られずに通うことができました。 大阪の病院に通院していた時、いざ診察室に入ると緊張して聞きたいことが聞けないことがありました。そこで、私は前もって聞きたいことを紙に箇条書きに書き出し、ペンを持参しました。医師も紙を見ながら1つ1つ答えてくれ、私は忘れないようにその場でメモをとりました。 後でネットで調べるより、医師に直接聞くことで、安心して治療を受けられました。